キウイ界のセレブ・香緑

キウイフルーツが元々、「サルナシ」から品種改良されたものです。

ところが、品種改良せずに偶然生まれたものもあります。

それが「香緑」で、親はヘイワード種という普通のキウイフルーツなのですが、なぜか鳶が鷹を産んだようなすばらしい品種が生まれました。

こぼれ種が偶然芽を出し、育ってみたらヘイワードとは見た目も味も違う物だったという事です。

特徴は、大きく160g(ヘイワードは100g)、とても甘く、糖度が17度~20度もあるということです。

これは、育った環境にもあるようで、普通は、1㎡あたり25~30個収穫するように実を間引きます。

ところが、香緑は15~20個にする為、栄養の取り合いにならず、大きくなっていきます。

こんなに大事に育てられているとは、まさにキウイ界のセレブです。

それだけではありません。

ビタミンC含有量はイチゴと同じほどのトップクラス、又ビタミンEやカリウム、食物繊維も豊富です。

香緑の名前の由来は、香川県の「香」と「果肉の色が濃い緑」というころからきています。

酸味が苦手な人には、お奨めのキウイです。